急性期一般病棟(3階)

3階の急性期一般病棟は、緊急入院、予定手術や検査等の短期入院、回復期リハビリテーション対象外疾患の患者さんのための病棟です。
回復期リハビリテーション対象外疾患でも、疾患別リハビリテーションの該当病名があれば、3階病棟で充分なリハビリテーションを受けることができます。

回復期リハビリテーション病棟(4階)

回復期リハビリテーション病棟では、脳血管疾患、大腿骨頸部骨折などの急性期治療後、各分野の専門職種がチームを組んで集中的な治療とリハビリテーションを実施します。
患者さん一人ひとりの状態に合わせた計画を立て、チームの各担当スタッフが、入院直後から寝たきりにならないよう起きる、食べる、歩く、トイレへ行く、お風呂に入るなどの日常生活への積極的な働きかけで改善を図り、家庭・社会への復帰を支援します。

回復期リハビリテーション対象疾患と入院期間上限日数

  • 脳血管疾患、脊髄損傷、頭部外傷、くも膜下出血のシャント手術後、脳腫瘍、脳炎、急性脳症、脊髄炎、多発性神経炎、多発性硬化症、腕神経叢損傷等の発症後・手術後【150日】
  • 高次脳機能障害を伴った重症脳血管障害、重度の頸髄損傷および頭部外傷を含む多部位外傷【180日】
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の骨折または二肢以上の多発骨折の発症後または手術後の状態【90日】
  • 大腿骨、骨盤、脊椎、股関節もしくは膝関節の神経・筋または靱帯損傷後【60日】
  • 股関節または膝関節の置換術後【90日】
  • 外科手術または肺炎などの治療時の安静により廃用症候群を有しており、発症後・手術後の状態【90日】

多職種によるチーム医療

医師・看護師・薬剤師・理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・医療ソーシャルワーカー・管理栄養士など、患者さんに関わる全てのスタッフがチーム全員でリハビリを支援します。

365日のリハビリテーションの実施

リハビリは毎日の積み重ねが大切です。土曜・日曜・祝日にもリハビリを実施します。

生活に視点を置いたリハビリテーションの実施

ご自宅での生活をイメージして、起床から就寝に至る1日の生活の動作(食事、更衣、整容、トイレ、入浴の動作および移動)全ての改善をリハビリと位置付けています。

食事は可能な限り口から食べる

患者さんが安全かつ楽しく生活できるよう、食事は可能な限り経口摂取していただくように、専門職のチームアプローチによって、栄養摂取の方法を確立することに努めています。

4Fリハビリ
4Fリハビリ
アクセスガイド
診療時間
 
午前
08:30~12:00
(診療時間 09:00~13:00)
-
午後
13:30~17:30
(診療時間 14:00~18:00)
--
  • 休診日/日祝日、盆休み(8/13~8/15)、年末年始(12/31~1/3)
  • 土曜日は午前中のみ(受付 08:30~12:30)の診療です。